学生団体詳細

東京都 東京大学
第12回東京大学E.S.S.杯争奪英語弁論大会〈東大杯〉(英語スピーチコンテスト)

第12回東京大学E.S.S.杯争奪英語弁論大会〈東大杯〉(英語スピーチコンテスト)
イベント 国際交流 教育
団体概要(沿革・活動目的・ビジョンなど)
 国内最大級の学生団体主催英語スピーチコンテストを運営しています。
 私たちが運営する英語弁論大会、東京大学ESS杯争奪英語弁論大会(東大杯)は2006年に創始され、以来二つの理念を掲げ毎年冬に弁論大会を開催してまいりました。
⒈世界に通用するパブリックスピーキングの育成
 世界共通語となった英語によって価値観を伝えることで、グローバル化の進む世界で自らの考えを発信する力の育成に貢献します。
⒉開かれたスピーチの場の提供
 日本国籍を持つ大学生のみ受け付ける弁論大会が大多数である中、東大杯は年齢・国籍等の制限を一切取り払い、最も開かれた弁論大会を目指しました。全世界へ向けた映像放映もこの理念によります。

 一方で東大杯はこうした理念を通底させつつ、飽くなき革新を求め続けてきました。観客による質問やSNSを利用した相互交流、演壇を取り払ったTED Talk風会場作り、リレースピーチ等を行う余興、これらはすべて私たちが他に先駆けて採用しました。

 大会内容としましては、7分前後のスピーチ原稿及び音声データを募集し、100名程度の応募者の中から審査を経て約10名の本戦出場を決定します。東京大学安田講堂にて開催される本戦では彼らが5名の審査員と数百人の聴衆を前にスピーチを披露し、入賞者及び本戦出場者には豪華な景品が手渡されます。その他、観客による返信スピーチや終了後のパーティも大会の企画に含まれます。

 私たちはこの大会の準備を一年前より開始しております。業務内容は協賛をいただく企業様との交渉(大会は企業様のご支援により運営されます)、SNS等における広報、審査員や出場者のアシスト(大学教諭やCEOなど社会的に高名な方をお招きしてきました)、会場のマネージなど多岐に渡ります。

 私たちは10年のノウハウの蓄積をもとに、業務をミスなく行えるよう努力しています。隔週の会議で情報共有と進捗確認を行うほか、OB・OGの方々にも協力を仰ぎ、綿密な大会運営を行っています。
リンク
団体の形態
学内サークル
活動拠点
東京大学駒場キャンパス
学生団体の人数
130
設立年
2006年 04月
協賛希望時期
2018年2月12日(月・休)の大会開催まで。可能であれば以後も継続的にご支援いただければと思います。
スポンサーへメッセージ
リンカーン大統領のゲティスバーグ演説、キング牧師のワシントン大行進、ケネディ大統領の就任演説、スティーブ・ジョブス氏の卒業式祝辞、マララさんのノーベル賞受賞スピーチ…人類の歴史において、常にスピーチは人の心を動かし、世界を変えてきました。スピーチという営みには強い力があります。

私たちはスピーチのそのような力を世界すべての人に知ってほしい、そしてその力をすべての人に身につけてほしいという思いを原動力に活動を続けています。そのために、大会においては出場者の制限を撤廃し、ネット映像配信を行い、広報に最大限の努力を払ってきました(具体的にはSNSによる拡散、中学高校・大学への直接の広報、ウェブニュースの取材受付、ビラ・ポスターの配布など)。

その努力が、国内最高レベルの集客数と応募数、さらに応募される方々から時折発される本大会への憧れという形で少しずつ実りつつあることは嬉しく思います。もちろん、これらが協賛やご支援をいただいている企業の皆様のおかげであることは言うまでもありません。

ところが、本年度は会場として予定している安田講堂の改修後規定が見直され、会場使用費の高騰が見込まれること、OB・OGの皆様からの寄付が減額となってしまったことから財政難となっております。このままでは会場マネージのレベルや賞品の質への影響が懸念されるほか、広報活動やレセプションパーティの規模の縮小も避けられません。これらは大会の知名度と評判を向上し、私どもの理念を実現するため、すなわち世界に通用するスピーカーを育成するために不可欠であり、皆様のご支援が必要です。

 私たちからも、ささやかではありますが企業様に協力させていただきたいと考えております。具体的には、ホームページやパンフレットへの広告掲載、SNSによる宣伝、ビラの配布、アンケート協力、物品サンプルの配布、企業様名のアナウンスなどを行うことができます。来場者として東京大学の学生や他の有名大学の学生、英語に関心のある方々がいらっしゃることで、このような方々をターゲットとした宣伝活動が可能になるのではないでしょうか。
 また、運営はすべて東京大学の学生が行うため、SNSや直接の人脈を通じ東京大学の学生のネットワークを形成することが可能です。就職活動や留学・インターンシップ等に関連した活動をなさっている企業様は、こうしたネットワークをご利用いただけるのではないかと感じております。

 大会は今年度で12回目を数えますが、実行委員一同、大会を例年よりも素晴らしい大会を作りたいという思いで一杯です。世界に通用するスピーチ能力の育成のため、スピーチという世界を一人でも多くの人に知っていただくため、皆様のお力が必要です。どうか、協賛金ご支援をお願いできないでしょうか。また、レセプションパーティの会場の提供をしてくださる企業様・団体様もお待ちしております。
スポンサーに対してできること
広告媒体への掲載 宣伝チラシ・パンフの配布 アンケートの協力 SNSでの情報拡散 公式サイトへの情報掲載 販売促進PR モニター•体験 対談会•座談会 イベント出演 イベント集客
PAGE TOP