学生団体詳細

千葉県 東京理科大学
Hult Prize 東京理科大学

Hult Prize 東京理科大学
ビジネス 社会起業
団体概要(沿革・活動目的・ビジョンなど)
私たちHult Prize東京理科大学学生運営委員会は、ハルトプライズの学内大会、海外地域予選参加への支援を行うため日々活動しています。
具体的には理科大の学内大会へ向けて、参加者のリクルート、参加者の育成、審査員のリクルート、メンターのリクルート、遠征費の調達などの活動を行っています。
昨年は初めての挑戦ながら周りの方々に恵まれ、学内大会では社会的実力のある方に審査員としてご協力して頂いたり、優勝チームが海外予選大会に参加するための遠征費の調達もすることができました。
今年も引き続き活動していきたいと思っています。
リンク
団体の形態
学生団体
活動拠点
東京理科大学 野田キャンパス
学生団体の人数
7名
設立年
2017年 08月
協賛希望時期
海外地域予選遠征の3月まで
スポンサーへメッセージ
私たちHult Prize東京理科大学学生運営委員会は、理科大から世界に通用するチェンジメーカーを生み出すために日々活動しています。
ハルトプライズとは国際学生社会起業コンペティションです。
3 人から 4 人の学生がチームを組み、世界の差し迫る問題を解決する為の社会企業を考案し、『どれだけ社会に大きなインパクトを与えられるか』を英語のプレゼン方式で競います。最終的に世界決勝の優勝チームには 100 万ドル(約 1 億円)の資金がアメリカ元大統領ビルクリントン氏より与えられ、実際に考えたビジネスプランに基づいて起業をすることが出来ます。ビルクリントン氏/EF/UN/HULT INTERNATIONAL BUSINESS SCHOOL がオフィシャルパートナーとなっています。
海外ではメジャーな大会ですが、日本では一昨年まで 4 大学の取り組みしかなく、他国に遅れをとっていました。しかし今年から規模を拡大し、日本で約20の大学で開催が決まりました。
私たちは学生の無限の可能性を信じて、ハルトプライズを通じてたくさんの学生が自分自身の未来を、そしてこれからの世界の未来を変えられるソーシャルイノベーターになれるよう願っています。
この想いを実現するために皆様にお力になっていただければ幸いです。
スポンサーに対してできること
広告媒体への掲載 宣伝チラシ・パンフの配布 アンケートの協力 SNSでの情報拡散 販売促進PR 営業 アイデア提供 モニター•体験 活動レポートの提出 対談会•座談会 社会貢献 イベント出演 イベント集客
PAGE TOP