学生団体詳細

神奈川県 東海大学
東海大学チャレンジセンターTokai Formula Club

東海大学チャレンジセンターTokai Formula Club
学術研究 国際交流 その他
団体概要(沿革・活動目的・ビジョンなど)
学生フォーミュラは、主役である学生自らの手で構想、設計、製作した車両により、ものづくりの総合力を競う大会として1981年にアメリカで誕生しました。
自動車技術とモータースポーツの両方に精通した専門家たちが集まって世界共通の基本プログラムとルールをまとめ、そのルールに則って学生が自らの頭脳と手を駆使してクルマを生み出し、走らせる。それが学生フォーミュラです。

前年度プロジェクトでは「ものづくりの総合力を競い、自動車技術ならびに産業の発展・振興に資する人材となる」を目的と定めて活動して参りました。1年を通して設計製作、評価といったものづくりの基礎を学び、定めた目標をかなえる過程でこれを得ることができたと確信しています。

しかし、チームとして方針を揃えて車体を形作っていくなかで、グループとして一つのことを成す難しさに直面する機会も多くありました。違う考えや意見をもって臨んでいるメンバー達がひとつにまとまるために、ひとつの車を作っているという自覚を持ち、コミュニケーションに徹する必要があると、メンバーの一人ひとりにとって強く考えさせられる良い経験となっています。

Tokai Formula Clubとして、今年度は技術面だけでなく自分で発信する能力、そして様々な場面において多くの人と連携の取るのに必要不可欠なコミュニケーション力を身に着ける事で、上に述べたような目的の人材により近づけると考え、「学生フォーミュラ活動を通して、社会に貢献できるエンジニアであるために必要な技術力とコミュニケーション力を学ぶ」を目的と設定しました。今後、社会で技術面だけでなくどの様な場面においても活躍の出来る人材育成の場になると考えています。
リンク
団体の形態
学生団体
活動拠点
東海大学 湘南キャンパス ものつくり館
学生団体の人数
55名
設立年
2002年 04月
協賛希望時期
随時
スポンサーへメッセージ
私たちTokai Formula Clubは、「主役である学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競い、産学官民で支援して、自動車技術ならびに産業の発展・振興に資する人材を育成する。」という大会の趣旨に賛同し、2004年の第2回大会から参戦を続けています。

近年では、学生フォーミュラについての大会へ多くの大学が参戦していますが、その中でも私たちは技術開発やマネジメントの観点から、他の多くのチームとは違う視点からの車両作りに取り組んできました。

なぜ私たちはたくさんのチャレンジに取り組んでいるのか。それは、そこで得られる多くの経験が他の活動では決して得られないものであり、Tokai Formula Clubの学生たちが社会へ進出したとき、必ずや大きなアドバンテージになると確信しているためです。

学生たちがこれからの未来を担い、社会に貢献できるエンジニアとなるためのチャンスを作り出すために、ご協賛いただけると幸いです。
スポンサーに対してできること
広告媒体への掲載 宣伝チラシ・パンフの配布 アンケートの協力 SNSでの情報拡散 アイデア提供 モニター•体験 活動レポートの提出 対談会•座談会 社会貢献 イベント出演 イベント集客
PAGE TOP