学生団体詳細

明治大学シェイクスピアプロジェクト

明治大学


東京都

明治大学シェイクスピアプロジェクト
音楽・美術演劇・映画
団体概要(沿革・活動目的・ビジョンなど)
 明治大学シェイクスピアプロジェクト(通称MSP)は今年17年目を迎える、明治大学主催のシェイクスピア劇上演プロジェクトです。 翻訳、上演、企画運営のすべてを明治大学の学生が主体となって行なっております。団体を構成する学生数は200人を超えており、さらに、一部にプロの方をお招きして講演を作り上げています。昨年は『ジュリアス・シーザー』『アントニーとクレオパトラ』を上演して、4000名を超えるお客様にご来場いただきました。
 今年は「駆け出す恋の駆け引きは、見せかけだらけの賭けだらけ」と題し、『じゃじゃ馬ならし』を上演します。『じゃじゃ馬ならし』は今回が初めての挑戦となります。シェイクスピア随一の問題作とされる今作、来場された方が満足していただけるよう、精一杯チャレンジします。
 明治大学シェイクスピアプロジェクトでは、明治大学アカデミーコモンにあるアカデミーホールで毎年11月に3日間で全5回の公演を行っています。来客者数のみならず、その舞台の規模や団体メンバーの数など様々な面において学生演劇団体としては最大規模を誇っております。演劇を一から作り上げていく中で、学生らしさを前面に出したフレッシュさで、プロの方々に負けないような上演を行えることができるよう、日々努力しています。
リンク
学生団体の人数
約150名
設立年
2004年 04月
協賛希望時期
8月
協賛企業に対してできること
広告媒体への掲載 アンケートの協力 SNSでの情報拡散 広告サイトへの情報掲載
PAGE TOP