学生団体詳細

東京都 東京農工大学
東京農工大学宇宙工学研究部Lightus(らいたす)

東京農工大学宇宙工学研究部Lightus(らいたす)
学術研究
団体概要(沿革・活動目的・ビジョンなど)
宇宙工学研究部Lightus(らいたす)は、東京農工大学の学生があつまり宇宙への憧れをものづくりで表現するものづくりサークルです。おおきくロケット班とカンサット班とに分け、活動をしています。ここでいうロケットとは、全長30cmの紙などでできたモデルロケットから全長2m近くを誇るハイブリッドロケットなどを指します。私たちは、自分たちでロケットのコンセプトを決め、それに沿って設計から加工、組み立て、打ち上げ実験まで、一貫して自分たちだけで取り組んでいます。全国各地の他団体との競争の中で、いかに個性を出し、いかに安定した打ち上げ実験を実験させるかをテーマに、日々技術検討を行っています。一方でカンサット班では、月面探査できる自動走行車両の開発を目標として、日々活動しています。最終目標としては、カンサット班が作り上げた精密な自動走行ロボットをロケット班の機体に積み込んで打ち上げ、ロケットの着地地点から目標まで到達できることを最終目標として技術力向上に全力を注いでいます。
また、部の活動として、夏には秋田県能代市で行われる能代宇宙イベントに参加し、春には伊豆大島で行われる伊豆大島共同打ち上げ実験にも参加しています。技術力の追求だけではなく、地域の方々との交流を含め、宇宙工学の魅力を伝える活動もしています。
リンク
団体の形態
学内サークル
活動拠点
東京農工大学
学生団体の人数
36名
設立年
2014年 04月
協賛希望時期
通年募集中(ロケット打ち上げ地上設備開発費として、8月ごろまでに一定の資金を集めたいと考えている。)
スポンサーへメッセージ
我々らいたすには、ロケットやカンサットにかける強い想いがあります。liftoffのその日まで、スタートに立った時は長い長い道のりです。今現在もロケット打ち上げのための地上設備の不足により、思うような実験を行うことすらできません。どうか、私たちに力を貸してください。実験に取り組み、これを解析し、じぶんたちの技術を磨きたいです。宇宙イベントを見にきてくれる子供達にも一日も早く笑顔を届けたいです。宇宙工学の未来に向け、私たちは全力で突き進んでいきます。らいたすを、何卒宜しくお願い致します!!
スポンサーに対してできること
SNSでの情報拡散 公式サイトへの情報掲載 技術開発 アイデア提供 活動レポートの提出 イベント出演 イベント集客
PAGE TOP